スポンサーリンク

こんにちは! こぎー(InsutagramTwitter)です。

せっかくの週末になり、土日は撮影を楽しみしていたのになんと、よりによって雨。

そんな日、あると思います。

小雨ならカメラにレインカバーを着せて、冒険気分で普段とは違う景色を撮りに行くのもワクワクします。

でももう、土砂降り。

「防塵防滴とかおいしいの?」って感じの雨だし、むしろ「そんなハイスペックなカメラ持ってないよ」って人も多いと思います。

そんな休日が暇になってしまった人に提案する過ごし方です。

スポンサーリンク

①カメラや機材をメンテナンスする

普段、お世話になっているカメラたち、カメラなどのメインの機器はもしかしたら撮影ごとにメンテナンスしているかもしれません。

でも三脚やカメラバックの掃除とかはいかがでしょうか?

三脚もバラしてみて、隙間に挟まった砂やホコリも綺麗にしてあげると長持ちします。

バックだって濡れタオルで拭いたら結構汚れているかもしれません。中身だってずっとホコリが溜まっているかもしれません。

普段はあまり掃除しない道具も丹念にチェックしてあげると、破損やケガなど万が一を防げるかもしれません。

自信がある人なら、センサーの掃除にチャレンジしてみるのもアリです。(あ、失敗する責任は負えませんが、、)

②レタッチをしたり、練習をする

貯まった写真の現像をゴリゴリする日にするなんてのもオツです。

まとまった時間で集中して、よりよいレタッチ技術を追及する時間にするのです。

それか過去にレタッチした写真を再びレタッチしてみると、過去の自分からどれだけ実力がついたか知ることができます。

他にも普段はLightroomだけでレタッチしているのなら、Photoshopでさらに自分の表現を磨いてみるのも色々な発見があって面白いです。

スポンサーリンク

③InstagramなどのSNSを楽しむ

写真を楽しむのなら、誰かに見てもらった方が絶対に楽しいです。

というより自慢の写真があるのなら見せたくなるのは自然なことです。

Instagramとかでハイレベルな写真を眺めたり、撮影スポットを探したり活用も応用次第でたくさんあります。

④本やブログ、動画で写真の勉強をする

奥が深い写真の世界。

撮影の方法や構図、レタッチの方法、、機材の勉強などなど。

どれだけ勉強しても知らないことだらけで、勉強するほど奥深さにのめりこんでいくことができます。

つん読(積んだまま読んでいない)な本を読んだり、繰り返し読んでいる本を熟読するのも新たな気付きがあるはずです。

ネットでお気に入りのカメラマンのブログや動画を見たり、新たなブログや動画を探したり。他人の意見を読むことで自分の中にはない知識を取り入れることができます。

⑤家の中で撮影をしてみる

普段、景色ばかりを撮影している人なら、光と影を自分で作る作業をしない人も多いと思います。

でもライティングの勉強をするいい機会です。

そして自分で配置を決める力のセンスを磨く機会にもなります。

小物や料理のブツ撮りや、家族や恋人とポートレート撮影、愛しいペットとの癒しのひと時を過ごす、特別なキャンディーの様な時間。

私のおじいさんがくれた初めてのキャンディー、
それはヴェルタースオリジナルで私は4歳でした
その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディーを貰える私は
きっと特別な存在なのだと感じました
今では私がおじいさん、孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル
なぜなら、彼もまた特別な存在だからです

特別編 もう家族サービスしたり、全然関係ないことする

とりあえず、この動画を見てみましょう。


家族って大事ですよ。

家事を手伝ったり、お買い物へ出かけたり。

たまには写真ばかり撮ってないで、家族と過ごす休日もきっとステキです。

え?一人暮らしだし、恋人もいない?

自分を磨く時間に当ててみるのはどうですか?筋トレとか。

あ、ルーからカレー作ったり、お部屋の掃除とかも楽しいですよ。

こぎーのまとめ

ヴェルタースオリジナルおいしいですよね。

休日なんだもん、好きに過ごせばいいんじゃない。人間だもの。

写真に没頭するもよし、たまには休写日にするもよし。

欲を言うと、このブログの記事たくさん読んでくださいな。

ヴェルタースオリジナルをなめながら。

こぎー
ヴェルタースオリジナルを食べたの、いつぐらい前だったけな?
あれ?僕、10年ぐらいなめていない気がする( ´ー`)
スポンサーリンク
おすすめの記事