こぎーのおすすめ
スポンサーリンク

こんにちは! こぎー(InsutagramTwitter)です。

Instagramで渾身の写真がたくさんの「いいね!」をもらえると嬉しいですよね。

普段に貰える「いいね!」の数もやはり気になるのですが、他にも自慢の写真を見てもらう方法があります。

それは「フィーチャー」されることです。

時々フォローしている人が「ストーリーズ」に載せていたり、「記念にリポストします!」ってキャプションをしているのを見かけませんか?

「いったいなんじゃこれは?」ってなる人や、雰囲気でしか理解していない人も多いと思います。

そのフィーチャーとは何ぞやですが、簡単に言うと「インスタ内での景品の無いコンテスト」みたいなものです

フィーチャーされると結構嬉しいですし、励みになります。

僕も仕事帰りに電車待ちの状態で通知が来たときは、すごいニヤニヤしていたので周囲の人からしたら相当キモかったはずです(笑)

そんなInstagramの「フィーチャー」の楽しみ方やいい所を語っていきます。

このキジ ダイアログ

☆読んで欲しい人
・インスタをもっと楽しみたい人
・インスタで写真の腕試しをしたい人
・フィーチャーについて知りたい人
☆何を学ぶことができるか
・フィーチャーやフィーチャーアカウントの仕組み
・フィーチャーされる利点
・フィーチャーされたときの対応やお礼の仕方

スポンサーリンク

Instagramのフィーチャーって何?

フィーチャー専用のアカウントをフォローしたり、固有のハッシュタグを投稿に付けるなどによってエントリーをすることが出来ます。

ちなみに専用アカウントのことをそのまま「フィーチャーアカウント」や「HUB(ハブ)」って呼んだりします

エントリーになる条件はフィーチャーアカウントのプロフィールの部分や投稿、ストーリーズのアーカイブなどに書いてある場合が多いので、気になるアカウントがある場合は調べてみましょう。

そして結果発表はエントリーされた写真の中から、フィーチャーアカウントが魅力的と感じた写真を選んで、フィーチャーアカウントに掲載されることで入選となります。

フィーチャーされた場合、メッセージやタグ付けされて通知がきます。

時たま、だいぶ前にエントリーしたものが、いきなりフィーチャーされたりすることもあったりします(笑)

勝手に入選していて、気付かないなんてことは無いとは思います。

フィーチャーアカウントによっては写真にはフィーチャーアカウントのロゴや名前などが追加で挿入されています。もちろん元々の写真の著作権マークやロゴを入れていた場合でも残したままです。

よく写真のロゴなどを切り取ったり修正されて、あたかも自分の写真のように扱う、盗用する輩もいると聞きますが、そのような行為とは全く異なるのでご安心を。

余談ですが、ちょっと前に僕がよくチャレンジしているフィーチャーアカウントの専用ハッシュタグのタグ付けされている数を調べたとがあります。
トリビアみたいなものですが、何かの解析に役立ったら嬉しいです。

フィーチャーされた僕の投稿

言葉ではわかりづらいとは思うので実例を紹介したいと思います。

こちらが僕のオリジナルの投稿になります。

なんら代わりの無い、とっても素敵で幻想的な写真ですよね!

フィーチャーアカウントによる投稿

そして、こちらがフィーチャーアカウントの@bestaichipicsさんによってフィーチャーされた投稿。

やはり何度見ても素晴らしい投稿ですね。
改めて@bestaichipicsさん、ありがとうございます。

🌟TODAY's feed bestaichipics CONGRATS to @koggy358 LOCATION:名古屋市 愛知の素敵なお写真へのタグ付けありがとうございます‼︎またの投稿をお待ちしております🎵 愛知の魅力的な風景・物・人物等を撮影した写真を募集します。作品で、愛知の素晴らしさを、伝えてみませんか? ①当アカウントをフォロー ②お写真に、タグ『bestaichipics』とロケ地タグを付けて投稿するだけ‼️ #愛知 #愛知県 #名古屋 #名古屋市 #中村区 #名駅 #名古屋駅 #kitte名古屋 #instalove #instalike #instamood #instagood #aichi #nagoya #일본 #팔로우 #여행스타그램 #名古屋カメラ部 #名古屋インスタ交流会 #愛知カメラ部 #名古屋カフェ #名古屋ママ #名古屋発掘し隊 #中日新聞 #写真撮ってる人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい

bestaichipics公式さん(@bestaichipics)がシェアした投稿 -

フィーチャーはイイこと尽くめ

フィーチャーされることにはメリットがたくさんあります。

①フィーチャーされて嬉しい

とりあえず、なんと言ってもテンションがあがります。

なんせ自分が応募した投稿が選ばれるのだからです。

ラジオに投稿するはがき職人と同じような感覚だと思います。

他の人のハイレベルな写真と自分の写真がフィーチャーアカウントのギャラリーに同列で並んでいてるのです。

自分よりもたくさんの「いいね!」をもらっている人と、肩を並べたみたいで気持ちいいです。

②自分のレベルが分かる

写真をフィーチャーアカウントにエントリーするということは、腕試しにもなります。

フィーチャーアカウントは個人や組織で運営をしていることが多いです。

フィーチャーアカウントにもフォロー数が多くてエントリー数の多いものから、出来立てでまだ人数が少なかったりするものもあります。

巨大なアカウントほどハイレベルになりやすい傾向があり、アカウントごとにも入選のチャンスが異なります。

もちろんフォロワー数の少ないアカウントでも、エントリーしている人のレベルが高い猛者がウゴウゴしているアカウントもあります。

コンセプトが狭いアカウントや難しい被写体の場合がハイレベルなイメージです。

なので、もし入選の効率を考えた場合はエントリーするアカウントをじっくりと観察して入選する傾向や自分にあったアカウントを選ぶことも重要になってきます。

そしてフィーチャーアカウントのレベルを知っていれば、絶対的ではないですが今の自分のレベルをある程度は把握できるのです。

海外のフィーチャーアカウントのトップレベルを見てみると、本当に同じ地球に住んでいるのか?ってレベルだったりします。

フィーチャーアカウントに取り上げて貰うことが出来れば、自分の写真が再び投稿される状態になります。

フォロワー数などのハンデが無い状態で、他の写真とフィーチャーアカウント内での「いいね!」数を比べることが出来ます。

ハイレベルな写真と自分の写真が差別なしで見られる機会を得ることが出来ます。

入賞しただけでなく、その後も自分の写真を分析することができるのでメリットが有り余っているのです。

③たくさんの人に写真を見てもらえる機会が増える

ついさっきのお話のように、フィーチャーされると自分の写真が再び投稿される状態になります。

自分のアカウントが直接「いいね!」をもらえる訳ではないのですが、基本は自分の名前も同時に載せてくれるので、興味が沸いた人が見に来てくれる可能性があります。

そこまで手間をして見に来てくれた人がフォローをしてくれた場合、自分のアカウントを気に入ってもらえているはずです。

スポンサーリンク

フィーチャーされたら

僕、初めてフィーチャーされたとき「フィーチャーされたけど、どうしよう!」ってぶっちゃけ感じました(笑)。

コメントどうしようとか、リポスト(リツイートみたいなの)の方法とか分からないしって。

ですが実際はルールはありません。ただ自分でエントリーしておいてスルーはナンセンスだと思うのです。

せめて感謝のコメントぐらいはしておきましょう。

余裕がある場合はリポストやストーリーに載せて、フィーチャーアカウントを自分のアカウントで宣伝するのも歓迎されると思います。

個人的にはやれることは出来るだけする方がいいと思います。

ちなみにリポストはiPhoneの場合はアプリの「Repost for Instagram」ですることができます。

こぎーのまとめ

インスタ版のはがき職人といっても過言ではない、フィーチャー。

写真を撮るためのモチベーションにもなりますし、仲間内での話題にもなります。

ぶっちゃけデメリットというデメリットが見当たらないぐらいです。

本当に選ばれたときは、小躍りするぐらい嬉しいです。

せっかく楽しむのなら、楽しみがたくさんあった方が面白いに決まっています。

そして他人のフィーチャーされた写真を見るのもとても楽しいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事