こぎーのおすすめ
アートアクアリウムをスマホで撮影

夜景が大好きなみなさん、こんにちは! こぎー(@koggy358)です。

ディズニーランドやクリスマス。ライトアップやイルミネーションがある場所って、ほとんどがリア充なイベントばかりですよね。

そんな人生の戦場にカメラを持って撮影に行くとき、、僕たちカメラっ子にとって一番大切なこと、、

それはカップルがたくさんいる中でも負けない、不屈の精神が必要になってきます(笑)

こぎー
リア充ば○はつしろー!

とまぁ冗談は半分程度にしておいて。

手持ちの夜景撮影はカメラの設定が一番大切なのです。

カメラは暗いところが苦手なので、オートで何も考えずに撮ろうとすると失敗しやすいのです。

でも慣れてしまえば、簡単に楽しむことができてたくさん工夫もできるようになってきます。

そんな手持ちでの夜景撮影について、失敗しないカメラの設定の解説をしたいと思います。

ちなみに目次を見れば分かるかもしれませんが、こんな感じです。

① 設定はマニュアルモードかシャッタースピード優先モードで。
② 絞り値(F値)をマニュアルモードの場合は設定できる。幻想的な写真は開放気味、シャープな場合は絞る。
③ シャッタースピードを"1 / 焦点距離"秒を基準で余裕を持って設定する。
④ ISO感度は自分がノイズが気にならない感度で。
⑤ 測光モードを「スポット測光モード」にしておく。

設定はマニュアルモードかシャッタースピード優先モード

カメラのモード設定ダイヤル
幻想的で綺麗な夜景。しっかりと手持ちで切り撮るには、しっかりとした設定が重要になってきます。

でも設定さえしっかりとしていれば、普段の明るいときと同じように撮影をすることができます。安心してください!

普段、オートばかりで撮っている人は、少しチャレンジをしてみましょう。

一番に気にすることは、ブレによる失敗写真の量産です。後で確認をしてみてガッカリしないように、ブレ対策をした設定にしておかないといけないのです。

ブレブレな写真ばかりになりそうなのに、三脚が使えない。そんな状態で手持ち撮影はその場にある明かりで写真を撮らないといけません。

オートや絞り優先などで撮影をすると、高確率で失敗してしまいます。なのでブレない様な設定ができるマニュアル(M)モードかシャッタースピード(SやTv)優先モードにしましょう。

最初はシャッタースピード優先モードで撮ってみて、慣れてきたらマニュアルモードにしてみましょう。

撮影に集中したい場合やまずはブレない写真を撮りたい場合はシャッタースピード優先で。画質を気にしたりボケ味を自分で調整したい場合はマニュアルモードになります。

スポンサーリンク

絞り値(F値)をマニュアルモードの場合は設定する

カメラの絞り
イルミネーション撮影の醍醐味、ボケ味のコーナーがやってきました。

シャッタースピード優先モードの場合は、残念ながらカメラが自動的に絞り値を設定してくれます。なので特に設定する必要はありませんが。。

ですがマニュアルモードの場合、本領発揮です。ボケボケのとろけるような写真からシャープでクールな写真まで設定して撮影ができます。

絞り値を小さい値にするほど、ボケやすくなります。絞り値を小さくすることは絞りを開放していくことなのでレンズの中にたくさん光を取り込むことができます。

絞り値が小さいほど絞り値以外の設定がおなじ場合、撮れる写真は明るくなります。そして逆に明るさを同じにする場合はシャッタースピードを早く(小さい値に)したり、ISO感度を低く設定することができるようになります。

ちなみに開放するほどボケが増えるのですが、ピントの範囲が狭くなるのでピントが合わせるのが難しくなります。

ピント合わせの失敗による写真を作りやすくなるので、ピントが合いにくい場合は絞って対応します。

風景の場合は全体にピントを合わせるパンフォーカスをしたい場合が多いので、絞ることが多いです。

基本は絞り値F8.0ぐらいから始めて、ボカしたり明るくしたい場合は開く(小さく)してみましょう

シャッタースピードを"1 / 焦点距離"秒を基準で設定する

手ブレをしないシャッタースピードの基準は"1 / 焦点距離"ってよく言いますよね。

まずはその値を信じて設定してみましょう。焦点距離が50mmの場合はシャッタースピードは1/50が適正になってきます。

あ、APS-Cのセンサーの場合は焦点距離は約1.6倍して計算が必要です。

こぎー
ズームレンズを使ってるから、焦点距離ごとにシャッタースピードを合わせるの難しすぎるーーー!!汗汗

慣れないと僕みたいに、こんな感じになってしまいます。そんなときは使用するズームレンズの望遠側の焦点距離がブレないシャッタースピードを設定しておきましょう。

手ブレを起さないには1 / 焦点距離が基準ですがもし、心配な場合は焦点距離よりも1.5倍ぐらいの間で設定をすると安心して写真が撮ることができます。

もし手ブレ補正がしっかり効くカメラやレンズの場合は、逆にもうちょっとゆっくりのシャッタースピードを設定して、ISO感度を下げると画質を綺麗にすることができます。

これで自分の手ブレによる失敗を格段に防ぐことができます。

ISO感度は自分がノイズが気にならない感度で

暗いので感度を上げすぎるとノイズが出てきてしまい、ザラザラで画質が悪い画像が出来上がってしまいます。

下げすぎると増幅できる光の量が少ないので、暗い写真ばっかり出来上がってしまいます。

あらかじめ自分のノイズの許容範囲はどのISO感度ぐらいなのかを知っている必要があります。暗めの場所でISO感度を変えながら、同じ構図の写真を撮って比較しておきましょう。

ISO感度は自分の許せる範囲で自分で設定して撮ってもいいですし、カメラの設定でISO感度の上限が決めれる場合、上限を決めて自分のノイズが気にならない値を設定しておけば、ISOがオートになります。

余談ですが僕は、ISO感度の上限を800(あまりに暗い撮影スポットがある場合は1600か3200)のオートにしています。

聞き慣れないけど測光モードを「スポット測光モード」にしてみよう

カメラは写真を撮るとき適正な明るさを測定して、適正な露出の写真になるようにカメラがオートで設定してくれます。そのことを測光といいます

あまり聞き慣れない言葉ですが、イルミネーションや光るアートなど明暗差が激しい被写体を撮影するときは、測光を設定してみましょう。

一番明るいところを基準に適正な明るさにする方法や、ファインダーの真ん中やピントがあった所を選ぶ方法などカメラやメーカーによって様々な方法があります。

カメラによりますがあらかじめ、測光モードを設定しておけば記憶しておいてくれると思うので、撮影前に準備として設定しておくと便利です。

ちなみにおススメの測光モードは「スポット測光モード」です。ファインダー中央に撮りたい被写体を持ってきてピントをあわせてずらしてあげれば、適正な露出になってくれます。

使いこなせれば更に、思い通りの写真を撮ることができるようになります。

少しぐらい失敗してしまっても後でレタッチなどである程度なら修正することも可能なので気張らずに撮影を楽しみましょう。

さらに全体の明るさを調整するなら露出補正

マニュアルモード以外のセミオートの設定(絞り優先やシャッタースピード優先)は、露出補正ができます。

露出補正とは全体の明るさを調整(補正)してあげることです。

測光で基準にした露出を明るめにしたい場合は露出補正をプラスへ、暗くしたい場合はマイナスへ動かしてみましょう。

慣れない場合は補正を無しで撮影をはじめて、思った明るさの写真が撮れずに気になる場合に初めて設定をするようにすれば大丈夫です。

こぎーのまとめ

手持ち夜景の撮影って、オートで撮ってしまうとブレたりノイズがのったり、納得がいく写真が撮れない場合が多いです。

ですが設定さえ覚えてしまえば、御茶の子サイサイです。

改めてですが、もう一度まとめちゃいますね。

① 設定はマニュアルモードかシャッタースピード優先モードで。
② 絞り値(F値)をマニュアルモードの場合は設定できる。幻想的な写真は開放気味、シャープな場合は絞る。
③ シャッタースピードを"1 / 焦点距離"秒を基準で余裕を持って設定する。
④ ISO感度は自分がノイズが気にならない感度で。
⑤ 測光モードを「スポット測光モード」にしておく。モードによって全体の明るさは露出補正で調整。

あらかじめ準備していくのなら、実際の撮影スポットで設定しないといけないのは、②の絞りだけです。場合によって③のシャッタースピードとISO感度。ときどき⑤の露出補正を変更するぐらいです。

何度か撮っている間に、いつの間にか自分で考えた設定で撮ることができるはずです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう