こぎーのおすすめ
女子力高め!東海のあじさいの手水舎の撮影スポット5か所まとめ【愛知,岐阜】

こんにちは! こぎー(InstagramTwitter)です。

6月は梅雨で髪の毛もセットしてもすぐボサボサで爆発していまう、少し気分が落ちる時期だと思います。

そんな6月を楽しむことが出来るのがあじさいを撮影することです。

しかも東海圏(とくに愛知県)は女子力が高く、手水舎(ちょうずや)にあじさいを浮かべて可愛らしい写真を撮れる場所が全国的に見ても多い地域でもあります。

こぎー
オシャレで雰囲気のいいスポットが多く、あじさいの風景も撮れる場所や遊べるスポットがある場所も多いから楽しいよ!

それぞれの手水スポットが近い距離にあるので、一日でたくさんのスポットをまわることもできます。

そこで全国的に有名な御裳神社をはじめ、あじさいの手水スポットを撮影して回ってきたので、紹介したいと思います。

あじさいの手水舎の撮影スポット一覧

このキジ ダイアログ
  • 地図はオレンジ色のカメラのマークが付いた場所があじさい手水の撮影スポットです。
  • 人が殺到しあり、マナーの関係、スポットの事情により急遽開催時期が変更になったり、年によっては開催を中止している場合があります。
  • それぞれの神社やお寺が運営するSNS(一部)などで、併せて情報を確認することで後悔せず撮影をすることが出来ます。
  • 全ての場所で僕が撮影をしてきたときの詳細をまとめた、個別記事のリンクを載せています。
    スポット情報を子と細かくまとめているので活用してください。
スポンサーリンク

御裳神社【愛知県一宮市】

手水舎の写真で有名な神社ですが、あじさいがたくさん咲いており風景を撮影するのにも向いています。

手水舎以外にも水鉢にもあじさいが浮いることもあったり、住職さんがあじさいにカエルのおもちゃを載せて自前の一眼レフで撮影していたりと、あじさいへの愛情と人柄の良さを感じることが出来る神社です。

あじさいの時期には、尾西あじさいまつりが開催され、期間中の夜19:00~21:00にはライトアップも行われます。

お祭り期間中は手水舎にあじさいをほぼ浮かべていると思われますが、期間外にも浮かべていることもあります。

公式サイトやSNSはないので、インスタやツイッターの情報を念入りに調べてから撮影に行けば、手水舎のあじさいを見ることができます。


目次に戻る

柳星山 常念寺【愛知県一宮市】


あじさいだけでなく、別名が「蓮の寺」で蓮もすごくたくさん見ることができる手水舎以外も見ごたえバツグンのお寺です。

公式でインスタとツイッターを運営しており、情報も調べやすいので詳細がつかみ易いです。

お寺は17時ぐらいでしまってしまうのか、撮影は16時30分までとなっており、手水舎やあじさいに触れてはいけないマナーなどもあるので、確認して撮影を行いましょう。

あじさいの時期だけでなく、冬には山茶花(サザンカ)やツバキ、夏には鬼灯(ほおずき)などの手水も撮影をすることが出来ます。


目次に戻る

別小江神社【愛知県名古屋市】


名古屋市の北区にある御朱印や安産子授けの石で常に人気の神社です。

手水舎のあじさいは柄杓に手書きで文字が書いてあり、ほんわかとした写真を撮ることが出来ます。

公式のツイッターで情報を確認することが出来て、事前に手水舎にあじさいを浮かべる時期を告知してくれるので、とてもスケジュールが立てやすいです。


目次に戻る

三輪神社【愛知県名古屋市】


別小江神社と同じ名古屋市にあります。

あじさいの他にもカラフルな花が浮かんでいて、手水舎に陶器のうさぎヶ浮かんでいて可愛かったです。

しかも大須です。大須で遊んであじさいの手水舎も見ることが出来ます。

隠れハートの石畳があったり、うさぎの置物がたくさんある、良縁のうさぎの神社としても有名な場所です。

手水舎は入って左側の社務所の近くで撮影することができ、僕が行った時は御朱印の行列が道路周辺まで出来ていて、その列から少しお邪魔して撮影する感じでした。


目次に戻る

若江神社【岐阜県岐阜市】


名古屋から近い場所で、岐阜県岐阜市にある若江神社の手水舎に浮かぶあじさいを見れます。

閑静な感じで落ち着く神社でした。

例年、6月中旬から7月初旬ぐらいまであじさいを浮かべてます。

インスタやツイッターのSNSは無いですが例年SNSに情報があがっており、他の場所よりも例年遅くまで手水舎にあじさいを浮かべているので、調べてから撮影に行くと失敗せずにすみそうです。

ちなみに夜にはライトアップされているそうで、珍しいのでぜひ撮影したいものです。


目次に戻る

こぎーのまとめ

6月の鬱憤を吹き飛ばしてくれる、あじさいの手水。

名古屋から近い場所に撮影スポットがあり、朝一から撮影を始めて1日で5か所を回りきれる距離のため、違いを楽しめるのがポイントです。

普段風景を撮っている人でも、あじさいの手水は時間を忘れて撮影してしまうぐらい楽しく、女子力の高い写真を撮ることが出来ます。

僕の書いた個別の記事やSNSを活用することで、的確な情報をつかむことが出来ます。ぜひ活用してください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう