こぎーのおすすめ
穴場!名古屋市内の別小江神社のあじさいの手水舎がオシャレ

こんにちは! こぎー(InsutagramTwitter)です。

愛知県内には御裳(みも)神社という、あじさいの手水舎の超有名スポットがあるのですが、一宮市までわざわざ見に行くのもちょっと、、って人もいると思います。

探せば名古屋市にもあって、別小江神社はあじさいだけでなくダリアなども手水舎に浮かぶ穴場の手水舎だったりします。

別小江神社は御朱印で人気なのですが、御裳神社常念寺よりも手水舎を目的で来る人が少ないので、気楽に撮影をすることができます。

こぎー
他に名古屋市の大須にはうさぎの神社の三輪神社もあるよ!

もちろん別小江神社から車で30分ほどで一宮にも行けるから、時間に余裕があるのなら御裳神社とかもおススメだよ!

別小江神社のあじさいの手水舎の見頃

ツイッターの公式アカウントで、情報を確認することが出来て、更新頻度も高いので一安心です。

スポンサーリンク

別小江神社へのアクセス

公共の機関だと、地下鉄の上飯田線「上飯田駅」まで行き、そこから徒歩かバスになります。

ちょっと時間がかかるので、出来れば自家用車で行くのがベストです。

〒462-0023 愛知県名古屋市北区安井4丁目14−14

駐車場は5~10台ぐらい停めれそうです。

あとお手洗いは手水舎の奥にありました。

別小江神社の手水舎のあじさいを撮影!

ここの手水舎は小さいですが、他の神社と趣向を凝らしダリアを浮かべたり、恵比寿さんや柄杓の文字とアイデアや神社への愛を感じることが出来ます。


まずは定番の上からの見上げた構図!

手書きの柄杓の文字が可愛らしいです。

まずは僕も手水をしたのですが、、

こぎー
僕はもちろん「夢」のを、、

あー すみません、、「財」えらびました(笑)てへ。


手水舎に浮かぶお花を切り撮ります。

ダリアが他の神社と違って、いい感じにインスタ映えしてくれました。


手水舎の正面には御利益がありそうな絵?があったので、いっしょにパシャり!


手前に榊らしき草が生えていたので、前ボケにして見ました。

トップ画像でも使ったあじさいとダリアのアップ。

もう存在感だけでインスタ映えのバエバエです。


柄杓の間を縫って額縁構図になるようにして撮影!


僕の大好きな「財」、、じゃなくて「夢」の柄杓をメインに。


全ての柄杓が入るよう、少し横から流すように撮りました。


御利益がたくさんありそうな、スマイリーな恵比寿さんとあじさいを。

目次に戻る

別小江神社の手水舎以外のおすすめ

手水舎も素敵なのですが、別小江神社は他にも楽しむべきポイントがたくさんあります。

別小江神社の御朱印

主に御朱印が人気があり、手水舎よりも御朱印がメインの人が多かったです。


ライン登録者限定とかの面白い御朱印もあるそうです。


7月の御朱印がかぐや姫なのですが、色味がオシャレ過ぎ。

ここだけの御朱印を集めるのも面白そうです。

別小江神社の安産・子宝などのお守り


「糸みくじ」って、大切な人や繋がりを想像することが出来て、なにかオシャレですね。


安産や縁結び祈願などもすることができます。

神社内の石は安産や子宝のお守りにもなるみたいです。

別小江神社のおもかる恵比寿さん


おもかる石(持ち上げれれば願いが叶う石)ならぬ、おもかる恵比寿さんがあります。

僕はもちろん、軽かったです。あと色々な部位をなでることで御利益があるとのことです。

こぎー
僕は「収入」が増える、鯛をこねくりまわしました(笑)


横のお賽銭はまさかのpaypay支払い可能。

時代を感じました(笑)

別小江神社の茅の輪


駐車場の横に集会所があり、そちらでは小さな茅の輪(ちのわ)を作ることが出来ます。

ちなみに茅の輪とは無病息災を祈願する夏越の祓(なごしのはらえ)で茅(ちがや)という草で編んだ直径数メートルの輪をくぐるお祓いみたいなものです。


作り方の説明書が机においてありました。

お祭りも茅の輪をくぐれるお祭りも夏に開催されるそうです。


室内には茅の輪がたくさんありました。

こぎーのまとめ

名古屋市内にあるので、名古屋に住んでいて車移動が可能な方はとても楽にアクセスができます。

神社はそこまで大きくないですが、色々なイベントや御朱印など、手水舎以外にもたくさんの魅力のある神社でした。

別小江神社は名古屋近郊のあじさいの手水撮影スポットの中でも、どこにでもアクセスしやすい立地にあるので、時間に余裕があったり違いを楽しみたい人はぜひ他のスポットとセットで楽しむのがおススメです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう