こぎーのおすすめ
スポンサーリンク

こんにちは! 紅葉大好き、こぎー(InsutagramTwitter)です。

名古屋でも珍しく雪吊りがみることができる庭園に「白鳥庭園」があります

紅葉もギリギリ終わる手前にどうしても見たくて、12月頭に閉園の一時間前に滑り込みで見てきました。

全てを回ることができなかったので、撮影も満足できる時間できなかったのですが、雪吊りのリフレクションがむっちゃ良すぎて、風景的には大勝利な気分です。

ちなみに白鳥庭園の ”白鳥” の呼び方は「しらとり」ではなくて「しろとり」だそうです。

カーナビで「しらとりていえん」と検索しても、いっさい出てこず少しテンパってました(笑)

スポンサーリンク

白鳥庭園への場所や交通状況の混雑について

全国区的に有名(きっと)な熱田神宮がある熱田区に白鳥庭園はあります。

熱田神宮も歩いていける距離なので、名古屋観光で一緒に行く人も多いみたいです。

住所は 〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町2−5 

僕の場合は白鳥公園に19:40に着いたのですが、駐車場(有料で普通車は300円で固定)は47台しか停めることができずに一台が出たら、一台が入っていく常に満車の混雑状態でした。

15分ほどで入ることができたのですが、待つのがイヤな人は公共機関を使った方がストレスは無いはずです。

あと北側に「タイムズ白鳥公園」があるのでそちらに停めるのもアリです。

駐車料金は最初の60分が300円で、60分以降は30分100円だそうです。ですが駐車券を白鳥庭園の窓口で見せると300円固定にしてもらえるので、案外タイムズの駐車場も穴場かもしれません。(もちろん提示し忘れたら300円固定ではないですよー)

共交通機関で行く場合は最寄り駅は地下鉄の名城線「神宮西駅」です。(最寄とはいえ若干、歩かないといけないそうですが。)

他にも少し遠くなりそうですが、あおなみ線「中島駅」やJRの東海道本線「熱田駅」、名鉄の名古屋本線「神宮前駅」などからも徒歩で行くことができます。

電車ではなく市バスで行けば、停留所の「白鳥橋」で降りれば目と鼻の先です。

白鳥庭園のライトアップの期間とお値段について

紅葉のライトアップを「観楓会(かんぷうかい)」というらしく、2018年は11月23日(金)~12月9日(日)の間で行われています。

本来なら閉園は17:00(入園は9:00~16:30まで)までですが、イベント中は9:00~21:00(入園は20:30まで)で開園されています。

さらに12月1日(土)からは浮き灯篭などライトアートも追加されてライトアップされる「あかりアート」が開催されます。

僕は偶然にもあかりアートに行くことができたので、ラッキーな気分です(写真は撮れなかったのですが、、)

ちなみにイベント期間中、17:00からは正門のみの入園できるそうです(入り口は正門と北門の2か所)。駐車場が正門の目の前でした。

入園料は、大人が300円で中学生以下は無料です。そして名古屋市内に在住の65歳以上の敬老手帳等を持った方なら100円で入園できます。

11月は名古屋市が初めて公園を設置した月らしく、記念として11月のうちの一日が無料になるみたいです。今年は11月25日(日)が無料開園だったとのこと。

車で行く場合は、大人一人だと駐車場料300円と入園料300円で600円で入ることができます。

スポンサーリンク

写真も撮ってきた!ライトアップが明るいし、雪吊りはリフレクションが綺麗

1時間ちょっとししかなかったのですが、白鳥庭園はライトアップが上手でしっかりと光が当たっていて、雪吊りもここ数年に見た紅葉を絡めたリフレクションのなかでも圧倒的に綺麗で感動してしまいました。

そして白鳥庭園は三脚使用が可能!(一部、狭いところは禁止エリアでした。) 

東山動植物園では手持ち夜景で悪戦苦闘したので今回は思いっきりリベンジです。

今回、あまり写真が撮れず一部、妻が撮ったiPhoneの写真を使っています。

白鳥庭園のライトアート
正門から最初の池がある場所まで正方形のボックスに入ったライトと竹筒のアートがたくさん飾られています。

白鳥庭園のライトアート
池に向かっていてライトアートを最後に吟味して撮ろうとしていたら時間が無くて、このアートの写真を僕は撮れなかったのですが、かなり綺麗でおススメポイントの一つです。

白鳥庭園の紅葉
通路の途中には雰囲気のある門もあり、かなり和の雰囲気がありました。

白鳥庭園のライトアート
ちなみに竹筒のアートは、一つ前の門の写真の左下にあるような竹筒の上部に紅葉や鯉などが彫られていて、光とともに風情があふれ出していました。

白鳥庭園の紅葉
最初に出会う池がリフレクションスポットになっており、広い池ではないのですが、横に長く一帯がリフレクションしているので構図が自由にたくさん作ることができるカメラマンなら腕が鳴るような池でした。

この池、、、
白鳥庭園で見たカニ
超、浅いのですが、、

何かいる!!

白鳥庭園で見たカニ
まさかのカニさん!!多分ですが、モクズカニ(上海蟹)だと思われます。

結構、デカイ!!そしておいしそう。ハァハァ( ´ー`)
※このとき僕らはご飯を食べてなくて空腹で、グーグーとお腹が鳴りまくってました。

ですが僕らのゆがんだ視線に気が付いたカニさんは、すぐに猛スピードで横走りして逃げていきましたとさ。

白鳥庭園の雪吊り
そして本命の雪吊り!!

兼六園でも見たことがあるのですが、夜景としてみる雪吊りは初めてで、とても和の風情があり綺麗でした。

白鳥庭園の雪吊りと紅葉
今回のベストショットです。紅葉と雪吊りのおかげで個人的にはかなりお気に入りの写真になりました。

こぎーのまとめ

僕的に紅葉と雪吊りが綺麗すぎて、完全にお気に入りの撮影スポットです。

三脚も使用可能で、納得のいく設定で撮ることができました。

ですが!!!!

今回は1時間ほどしか滞在できなくてベストショットだと思う雪吊りと紅葉ショットは撮れましたが、庭園もどこも魅力的で面白い構図にできそうな場所がたくさんあり、時間が足りないなーと感じてしまいました。

来年も絶対いくの確定です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事