こぎーのおすすめ
戸田川緑地の花の丘で秋にコキアを撮影

こんにちは! こぎー(InstagramTwitter)です。

戸田川緑地の中にある花の丘という場所で、コキアなどの花々を撮影をしてきました。

花の丘の上にある、東屋が洋風で特徴的なのですが、四季折々の花々が植えられており、様々な雰囲気の写真を撮影することができます。

この記事では主に花の丘周辺で撮影できる写真、季節ごとに撮影できる花、戸田川緑地へのアクセス方法・駐車場、営業時間などの詳細情報をまとめております

目次に戻る

戸田川緑地の花の丘について

四季の花々を主に撮影することができるのは、戸田川緑地の中にある花の丘という場所です。

この花の丘なのですが、植えられる花は年によっても異なります。

人気が高く定番のコキアやネモフィラなどは毎年見ることができますが、毎年、何が見ることができるのか楽しみながら撮影をすることができます。

こぎー
好きな花が咲いているときに撮影に行けなかった年はショックだけど、また見れる時が待ち遠しくなる撮影スポットだよね!

戸田川緑地で撮影・鑑賞できる四季の花々

上記の通り、花の丘では例年、見れる花が異なる場合があります。

過去に何が植えられていたか調べてみたのですが、主に春の花が年によって様々な花に変わる傾向があると思われます。

季節 花の丘に咲く花 花の丘周辺に咲く花
ネモフィラ、チューリップ、ルピナス、パンジー 桜(河津桜、ソメイヨシノなど)クリスマスローズ
ラベンダー、コキア(新緑) あじさい、アガパンサス、ひまわり
コキア(緑、紅葉)、コスモス、
キバナコスモス、サルビア
パンパスグラス
※チューリップの球根が
植えてあると更地
スイセン、ーデンベルギア、サザンカ、菜の花

また春には花の丘周辺に桜の木が植えてあるため、決まって桜は鑑賞したり撮影をすることができます。

2月下旬に早咲きの河津桜(約100本)を皮切りに、3月末ぐらいからソメイヨシノ(約200本)を見ることができます。

戸田川緑地の花の丘のアクセス・営業時間

戸田川緑地の施設や駐車場・アクセス情報
戸田川緑地は24時間、入場をすることができます。

車でアクセスする場合は最寄りの第1駐車場が夜になると閉鎖されるため、撮影時間には注意する必要があります。

駐車場は無料で第1~第5駐車場(計1,101台)まであり、9:00~19:00が駐車可能時間になります。

夜桜や夜景などを撮影したい場合は、花の丘の北側にある第2駐車場は終日駐車可能のため、利用することができます。

こぎー
第2駐車場は2番目に近い駐車場だけど、第一駐車場に比べて花の丘まで少し距離があるよ!

公共交通機関の場合は地下鉄やJRのなど周辺の駅から市バスに乗り継いでアクセスする必要があります。

乗り継いでアクセスする方法が複数あり、詳細は公式サイト(農業文化園・戸田川緑地の交通アクセス)を確認してください。

戸田川緑地の駐車場の住所
〒455-0873 愛知県名古屋市港区春田野2丁目3516

戸田川緑地の施設や駐車場・アクセス情報
ちなみに「初夏の物語」と「秋の物語」というイベント日だけ、9:00~19:00の間は駐車するのに500円必要だから準備が必要です。

戸田川緑地のバイクの駐車場・駐輪場の情報
またバイクや自転車でアクセスする場合、第一駐車場の西側のお手洗いの横に駐輪所があります。

戸田川緑地のお手洗い・食事処などの施設

戸田川緑地の施設や駐車場・アクセス情報
第一駐車場の北側には陽だまり館という道の駅的な施設があり、自動販売機、周辺農家さんの新鮮野菜やお米、お菓子などを購入することもできます。

ちなみに月曜日は休館日(祝日の場合は翌日)だそうです。

こぎー
陽だまり館のさらに北側には土日祝限定でwi-fi使えて超低価格で食事を購入できるレストハウスもあるよ!

そしてお手洗いは駐車場の西側にあります。

車でのアクセスの場合、お手洗いの周辺に停めると花の丘やお手洗い、陽だまり館に移動するのに一番近い場所になるので楽に行動することができます。

戸田川緑地のお手洗い・トイレの情報

目次に戻る

スポンサーリンク

四季の戸田川緑地の花の丘

秋にコキア・サルビアを撮影

夏から秋にかけて戸田川緑地の花の丘で緑色のコキアと青空を撮影
夏の7月には小さなコキアの苗が植えられ、8月中旬ぐらいから9月上旬ぐらいにはもモコモコになった緑色のコキアを撮影することができます。

この撮影の時は少し雲が多いですが、青空に爽やかなコキアを撮影することができました。
夏から秋にかけて戸田川緑地の花の丘で緑色のコキアと青空を撮影
横の構図だけではなく、縦構図で撮影してみました。

広角で撮影をするとコキアの存在感を出しながら撮影をすることができます。

青空でも映える新緑のコキアですが、夕方のマジックアワーに撮影をすることができれば、真っ赤な夕暮れと一緒に緑が補色になってくれるので、映える写真が撮影できそうです。

コキアは9月下旬ぐらいから紅葉するので、赤一色の夕焼けとの写真や、青空との対比した写真を撮影するのも楽しそうです。

戸田川緑地のサルビアに止まるクマバチを撮影
花の丘では、蝶々やクマバチなどを見かけることができるのですが、サルビアで蜜を集めていたクマバチが可愛らしかったので撮影をしてみました。

戸田川緑地のシロタエギクに止まるベニシジミ蝶を撮影
駐車場の正面にある陽だまり館の花壇にはシロタエギクが植えてあり、ベニシジミがちょうど休憩をしていたので望遠レンズでボケボケに撮影をしてみました。

真っ白はドリーミーなフォトを撮影することができました!

戸田川緑地のシロタエギクに止まるベニシジミ蝶を撮影
目次に戻る

春や夏の季節には桜・ネモフィラなど様々な花を撮影できる

上記の通り、花の丘では四季折々の花が植えられ楽しむことができます。

ただ僕がまだまだ通うことができておらず、四季の写真を撮影することができていません。

昨今、SNSを見てみると美しく撮影されている写真を見かけることができます。

そこでSNSの規約を守りつつ、素敵なお写真を引用させていただいています。

こぎー
お写真お借りさせていただき、ありがとうございます。
僕も撮影をしてきたら、作例写真や詳細を追記していくよ!

目次に戻る

こぎーのまとめ

戸田川緑地の花の丘で四季折々の撮影できる花々をまとめました。

春にはネモフィラや桜を撮影でき、秋にはコキアやコスモスなども撮影することができます。

戸田川緑地自体は24時間入ることができるのですが、駐車場に注意点があります。

駐車場は基本19時まで駐車可能で、花の丘に一番近い駐車場が第1駐車場、例外で第2駐車場が24時間駐車可能となっています。

また秋には撮影したい花々がたくさん見ごろを迎えます。

戸田川緑地の撮影と一緒に、どの花を撮影するか計画するのもおススメです。

Twitterでフォローしよう