こぎーのおすすめ
曽木公園で紅葉のリフレクションを撮影【2019年ライトアップ情報】

こんにちは!フォトブロガーのこぎー(InsutagramTwitter)です。

東海でトップレベルに紅葉のライトアップが綺麗と思われる、岐阜県土岐市にある曽木公園に行ってきました。

曽木公園に行くと7か所も浅く水を張った池があり、ずっと鏡の様なリフレクションで幻想的な風景にシャッターを切るのに夢中になってしまいました。

以前ニュースの特集で見たのですが、逆さ紅葉(リフレクション)の美しさに相当こだわっていて、技術を他の紅葉狩りスポットに伝授もしているみたいです。

三脚も比較的早い時間から使用可能になり、とても撮影環境としても快適でした。

そして撮影の後は、目の前にある曽木温泉「バーデンパーク SOGI」でまったり贅沢をして、満足な一日でした。

この記事では曽木公園のライトアップ情報やアクセスなどの詳細情報に、僕が撮影してきた写真をまとめました

ぜひおススメの紅葉スポットなので、雰囲気をつかんで遊びに行ってください!

曽木公園のライトアップ期間など詳細情報

日本紅葉の名所100選にも認定されていて、間近できれいな逆さもみじのリフレクションを見ることが出来ます。

かえでやイチョウ、つつじなど約120本が植えてあり、ライトは約100基で明るくて観賞がしやすかったです。

公園内はそれほど広くないのですが、撮影をしているとあっという間に数時間経ってしまうぐらい、撮影し甲斐があります。

ちなみに紅葉ライトアップ中は入場口(事業協力金の支払い場所)が設置されるのですが、一緒にもらえる絵葉書がフリーパスとなり、何度でも出入りできるようになります。

項目 詳細 備考
ライトアップ期間 2019年 11/8(金) ~ 11/16(日) 16時30分~21時00分
住所 〒509-5402 岐阜県土岐市曽木町 JR土岐市駅から臨時バス運行
駐車場 無料 600台 第1~4駐車場まであり
事業協力金 200円(小学生以下無料) ライトアップ期間中のみ
三脚 19時以降使用可能 混雑時は19時以降でも制限あり(係員によるアナウンスあり)
お手洗い 2か所 うまいもん広場と公園内にあり
公式ホームページ https://www.badenpark.net/lp/momiji/ 新しいタブでページを開きます

※表は表示状況により横へスライドすることが出来ます。

曽木公園入り口前には「うまいもの広場」という出店もあり、名古屋などと比べると安い価格で食べれてお財布に優しい感じでした。

2019年パンフレットから参照

お隣には曽木温泉もあるので紅葉狩りついでに立ち寄るとリッチな気分を味わえます。

こぎー
五平餅が250円だったよ!

曽木温泉は600円で入ることできるのでホントおススメ!

あ、バスタオルは持参で節約できるから忘れないように!

スポンサーリンク

曽木公園へのアクセス!車がおススメ!

土岐市駅からバスが出ていますが、自家用車で行くのがおススメです。

カーナビに「バーデンパーク SOGI」でセットすると分かりやすいです。曽木公園が僕のカーナビだと検索できませんでした

名古屋(瀬戸)側から僕は行ったのですが、国道363号線は急カーブが多いので運転に慣れてない人はスピードの出しすぎに注意しましょう。

ちなみに駐車場は第1が350台、第2が90台、第3が60台、第4が100台停めることが出来ます

パンフレットから参照

僕は日曜に車で行ったのですが、19:00前に着いて第4駐車場に誘導されました。そして第4駐車場から公園まで7分ぐらい歩きました。

〒509-5402 岐阜県土岐市曽木町

余談ですが、6月下旬に少しですがホタル(ゲンジとヘイケ)が見れるとのことです。

その時期はライトアップなんてないので、川や池に落ちないよう注意が必要そうです。

幻想的!曽木公園の逆さ紅葉を撮影


入場口からすぐのところに、よくネットやテレビでみる逆さもみじのスポットがあります。

常時混雑しているのですが、順番を待てばすぐに撮影ができます。

ちなみに閉園前の20:40~ぐらいだと空いていて真正面から撮りやすいので、開幕スルーでもいいと思います。


別の角度から撮っています。

竹の囲い綺麗にライトアップの光を反射してくれて、手前から視線誘導しています。


国道側を歩くと、曽木公園の看板がありました。

しかもその先は、真っ赤な紅葉ではありませんか。

ちなみにこの看板、、

裏から見ると、「曽木公園」の文字が逆さまになっていて、池にリフレクションするようになっています。

こぎー
看板の文字が揺れることなく、ずっとリフレクションしてるのは興奮したよ!!


奥に行くと広い池があり、そこのリフレクションがとても綺麗でフォトグラファーもたくさんいました。

少し斜めから竹の柵を前景に撮影をしてみました。

竹の和の雰囲気と紅葉がとても相性がいいです。

この日は満月なる前で、杉の木かなぁ?の真横にいたので画角に入れてみました。

杉の木がとてもでかくて、16mm(35mm換算)でギリギリでした。

曽木温泉「バーデンパーク SOGI」で冷えた体もポカポカ


21時手前まで曽木公園で撮影をしていて、体が冷え冷えです。

そんな時でも、ご安心。真横の曽木温泉がおススメです。

曽木温泉のバーデンパークは利用者以外駐車禁止です。なので第4駐車場から曽木温泉の駐車場へ移動してきました。

温泉の効能は「アルカリ性単純弱放射能温泉」というなんかゴジラ的な名前ですが、肌がスベスベで、体の芯はポカポカで癒されました。

しかも案外、人がいなくてゆっくりと温泉を楽しむことが出来ます。

曽木公園のライトアップ中の駐車場の案内などもありました。


風呂上りにはお決まり、牛乳を腰に当ててグイっとです。

関牛乳という地元、関市の牛乳らしいです。

ちなみに僕が飲んだのはフルーツ牛乳。

こぎー
控えめに言って関牛乳、最高!

駐車場も目の前なので、湯冷めする前に乗り込んでポカポカで帰りました!

こぎーのまとめ

2019年は11/8(金)~11/16(日)の間、ライトアップされています。

リフレクションについて相当に研究や試行錯誤をしているようで、鏡のような池の逆さもみじはトップレベルに美しいです。

とても人気で最終週の週末は混雑が見込まれるので、早めに到着するよう行動すると撮影時間が足りないなんてことにはならないと思います。

どの池もリフレクションしていて、工夫もおこないやすいので様々なアングルを試すことが出来ます。

名古屋から向う場合は、瀬戸市の岩屋堂公園などもあるので、一緒に予定に組み込むのもおススメです。

また比較的、開催期間が早い時期のため、11月下旬には他の場所で紅葉狩りもおこないやすいので嬉しいですよね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう