こぎーのおすすめ
四日市、塩浜エリアの工場を鈴鹿川対岸からリフレクションさせて撮影
スポンサーリンク

こんにちは! こぎー(InsutagramTwitter)です。

四日市コンビナートの工場スポットはたくさんあります。

その中でも人気があるのが、塩浜エリアを対岸からリフレクションさせて撮る写真です。

夜景でもお昼の写真でもとても素敵な表情を見せてくれる撮影スポットなのでおススメです!

リフレクションの撮影スポット


塩浜エリアの昭和四日市石油などの工場を磯津町の鈴鹿川の対岸から撮影します。

堤防を降りて撮影を行います。

浜辺まで降りず、コンクリートの踊り場があるのでそこで、リフレクションが撮れます。

場所的に車でのアクセスが一番ラクです。

一応、バス停がありますが18時が最終で、1時間に1,2本しか停まりません。

せっかくなら色々と四日市の撮影スポットを回りたいですし、バスは少し現実的ではないですよね。

車だと路駐になるので、近隣住民の迷惑にならないようにしましょう。

スポンサーリンク

四日市コンビナートのリフレクション写真

工場の写真といえば夜景のイメージですが、お昼でも素敵な写真を撮ることが出来ます。


一番に工場の密度が高いところです。

この日は雲が多くて、とてもいい表情をしてくれました。


向って左側の方を撮影しています。


水たまりの底が写っちゃいました。

案外、これはこれで「リフレクションさせているんだぞ!」って感じの表現が出来てる気がして好きだったりします。


リフレクションではないのですが、干潮だったため浜辺も散策して撮影しました。

海鳥の撮影にも向いている

海鳥もチラホラと飛んだり、プカプカ休憩していたりします。

お昼など明るい時間帯なら流し撮りもできて楽しいです。

こぎー
普段よりも撮影が難しいなと思ったら、

AFがサーボの動体追従じゃなかった(笑)


たぶんですがウミウです。

3匹のフォームが綺麗に一連の動作をしている様に撮れました。


たぶん、、オオミズナギドリです。

工場のリフレクションの撮り方


堤防を降りていくと河口の端まで伸びるコンクリートの踊り場があります。

そこが雨が降った後などは水たまりが出来るので、そこに反射している風景を撮ります。

水たまりは地味に大きいので、濡れたくないのなら端で、大丈夫なら水たまりに入ってしまい超ローアングルで撮影をします。

撮影は風が凪(な)いだとき

風がやんだ瞬間がきれいなリフレクションを撮るときのシャッターチャンスです。

風が吹いていると写る像が、ブレたり揺れてしまったような写真になってしまいます。

お昼やマジックアワーの時間はシャッタースピードが速いので少し凪いだ瞬間でも大丈夫ですが、夜の場合は長時間露出になるのでブレは撮影後に確認するようにしましょう。

木のくずやゴミの映り込みに注意しよう

水たまりにゴミなどが浮かんでいると映りこんでしまい、きれいにリフレクションしてくれません。


満潮時の波や風で飛んでくるのか、こんな感じで10センチぐらいの木くずやゴミが浮かんでいることがあります。


気にせずに撮影をすると、思いっきり映りこみます。

よけて撮影したり、取り除いてから撮影をしましょう。

特に夜景撮影時は気付きにくいので、他の撮影者の迷惑にならないようライトで照らしながら行いましょう。

雲はあった方が表情がでる

工場をリフレクションさせるだけでも十分いい写真が取れるのですが、雲があると表情が出てくれます

流がせば動きを表現できて、止めても奥行きを表現することが出来ます

夜景だとほぼ長秒露出になるので、流れを表現しやすいです。

お昼の場合はNDフィルターの1000番などがあると流すことができます。

NDフィルター ND1000
created by Rinker

水平を意識して写真を撮ろう

リフレクションの撮影はシンメトリーな法則性に則っていると、美しいと感じやすいです

水たまりの撮影は超ローアングルのため、水平を出しにくいです。

特に明るい時間帯に手持ち撮影だと、かなりの確率で斜めになります。

同じカットでも確認しながら何枚か撮っておいたり、10~20分ごとに同じ構図を撮ると後で雲の表情も選択しやすくなるのでおススメです。

バリアングルのモニターがついているカメラだと撮影が便利だったりもします。

レタッチのときに修正も出来ますが、傾きすぎているとトリミングで意図した構図じゃなくなる場合があるので、現場で追い込めるのがベストです。

もしレタッチありきで考えるのなら、少し広角気味で撮っておくと、トリミングのとき自由度が増します。

撮影のときに気をつけたいこと

近隣住宅への細心の気配りを

車を停める場所がないため路肩に路駐になりがちです。

堤防沿いには住宅が並んでいるので、車が邪魔にならないようにする必要があります。

そして深夜の撮影などでは声を出しすぎると迷惑になるので、騒がないようにしましょう。

お手洗いは撮影前に済ませよう

お手洗いが周辺にありません。

来る前に済ましておきましょう。

夜は懐中電灯があると心強い

街灯が少なく、階段がしっかりしているとはいえ堤防沿いまで降りていきます。

足を滑らしてこけたり、海に落下しないように細心の注意が必要です。

防水の靴や長靴を履くこと推奨です

初めてここを訪れたとき、スニーカーを履いていたのですが浅い水たまりや浜辺を歩いたときに浸水して足が濡れてしまいました。

足元はウォータープルーフの靴や長靴だと、浸水を気にせず撮影をすることが出来ます。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴 カモフラージュ柄
created by Rinker

こぎーのまとめ

ただでさえ工場の風景ってだけでテンションが上がるのですが、そこにリフレクションの要素が加わり、堪らない写真になってくれます。

撮影のフローワークはこんな感じです。

雨上がりの水たまりで
超ローアングルで
浮いているゴミに注意して
水平を意識して
風がないタイミングで撮影

雲の表情や時間帯によってリフレクションの雰囲気も変わってくるので、毎回異なった顔を見ることが出来て通い詰めたくなる撮影スポット間違い無しです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事