こぎーのおすすめ
スポンサーリンク

こんにちは! こぎーです。

2017年の年末、車を運転中に「ロードレイジ」の被害にあってしまいました。

「ロードレイジ」は2017年6月に起きた東名高速での事故から一気に有名になった言葉で、煽り運転などの危険運転の事でよくテレビ番組でも特集が組まれるほどの社会問題です。

なぜか翻訳すると「道路の怒り」わけが分からないです。響きもなぜが必殺技みたいな雰囲気ですし、「ロードクレイジー」の方がぴったりな気がしますが・・

名古屋はどちらかと言うと都心部でも車社会。そして、事故件数も全国トップクラスです。
正直、そのような現実を改善していかないと、どれだけ車の安全性能が向上しても利用者の意識が低いままでは撲滅できないはずです。

なので、まずは個人の単位で「ロードレイジ」がどのような心理状況で生まれ、どの様に対策をしていくか。そして、僕たちが被害者や加害者にならないようにはどの様な心構えが必要なのかをまとめました。

スポンサーリンク

僕が巻き込まれたロードレイジ被害経験

とある名古屋市内の片道3車線道路の中央車線を運転している時に巻き込まれたのですが、急にその瞬間は起きました。

目の前にウインカーも出さずギリギリで割り込んでくる車。柄が悪い車ではなく普通の乗用車。

そのとき、つい僕も焦ってクラクションを鳴らしてしまったのが失敗でした。

その後、数百メートルほど割り込んできた車が前を走っているのですが、かなりゆっくりな速度で左右の車線をはみ出しながら蛇行して走っていて怖かったのを覚えています。その後、その車が車線を変更したのでチャンスと思い抜こうとした瞬間こっちの車線に戻ってきました。その時も、ついクラクションに手が出てしまい鳴らしてしまったのです。

そして・・・ 急ブレーキかけてきました。ホントにギリギリで僕も停まることが出来たのですが、びっくりしていると。太った20代のヤンキー風の男性(魔○ブーそっくりだった)が中央車線のど真ん中にもかかわらず、車から降りてきて口喧嘩を吹っかけてきました。やはり自己中心的な言動ばかり。
その後、何とかいなせたのですが、心臓に悪い体験をしました。

一大事にはならなかったですが、本当にいきなり事は起きて、あっという間にその男は逃げるように走り去っていきました。もしもっと逆上してくる人だったら、車から引きづり出されたら・・・ 考えるだけでも恐ろしいです。

ロードレイジになる心理状態

車に乗っていると比較的、普段よりも感情的な気持ちになる人は多いのではないのでしょうか?

この心理状態は動物園に行ったときにゴリラやライオンの猛獣の檻があり、子どもやちょっと横着そうな人が声を出したりして挑発している所って見た事がありませんか?その動物園でも状況に似ています。

これは普段、生身の体だと勝てない相手に対して危害を被る事がなく「俺の方が上だぞ!」と無意識にアピール出来るからです。
それに加えて車の中って外からだと中が見難いため匿名性が増し、余計に攻撃的になります。

車の運転時の状態を考えてみると・・・
車に乗っていない自分は周りの人と変わらない平凡な人間だけど、車という巨大な塊に乗る事で大きな存在になったと勘違いをして、歩行者や他の車に対してマウンティングしてしまう結果、自分の納得のいかない行動をされたときに、自分が間違った事をしていると分かっていても怒りを抑えられなくなるのです。

なぜでは大きな存在になって無敵なはず(気持ちは)なのに怒りを抑えられないかは以下の3点の理由からによります。

①無敵な俺のストレス発散タイムになるから

日ごろの会社で上司に怒られたり、客先で素っ気無い対応をされたなど蓄積されているストレスが満載の人が車に乗ると、大きな存在である自分がストレスを発散できるターゲットを見つけて攻撃をはじめてしまうからです。

自分より安い車、ゆっくりな運転や下手な運転、(男性がドライバーの場合)女性ドライバーだからなどの理由から訳の分からない自分基準でマウンティングをしてイタズラを仕掛けます。
そして、勝手に決め付けた弱い存在が反抗してきたときに、さらに逆上して攻撃をしてしまうのです。

「被害者が決して悪くない『いじめ』」みたいになってる状態です。

②自分を守るために先に威嚇をする

自分より上でヤバそうな存在が近くに迫ってくると、先に仕掛けて自分の方が大きな存在だぞ!って、知らしめたくなるのです。
昔に他人に煽られたりするなど被害にあった場合も自己防衛として威嚇をしてしまう可能性があります。

ヤンキー同士が実はお互い怖いのに見栄を張り合っている感じに近いと思います。

③危険運転や事故中運転をみて怒りを覚えて

この状態は男性に多い状態で、男性は知らない他人の行動に対して怒りを覚えやすい事が心理学で分かっています。(逆に女性は身内の行動に怒りを覚えやすい傾向がある)

無理な車線変更している車、ノーウィンカーの車、路駐禁止エリアでの違法駐車、警察に捕まっている車、一方通行を逆走している車、煽り運転など・・・

他の車が危ない運転をしているといきなり、煽り始めたりする光景を見た事があると思います。まさにそれ自体がもうロードレイジ状態です。
この場合の多くは男性ドライバーで、危険運転をしている車を発見すると怒りのボルテージが一気に上がり攻撃を行い始めます。

また、老人男性による被害も多く、運転経験の多いドライバーほどイライラしやすい傾向があるそうです。
今まで自分が無事故や安全運転をしてきた自負があるからだと推測できます。

若いドライバーの車に抜かれた。など、理不尽な事でもいきなりキレる人もいるとの事。

スポンサーリンク

ロードレイジの被害者にならないための対策

あからさまに周りの車に煽りを繰り返していたり、怪しい行動の車に近づかない事によって、被害を減らす事が出来ます。
ですが、いきなりロードレイジのターゲットになってしまうトリガーは理不尽な事も多く、対処が難しいです。

なので、いざと言うときに対処がしやすい対策をするべきです。

ドライブレコーダーを設置する

僕が一番薦める方法です。心理状態で言うところの①が対策できます。

ドライブレコーダーを設置する事で、ストレスが原因の場合はターゲットになりにくいです。
レコーダーが目立ちにくい場合は設置している事をアピールできるステッカーなどを貼ることで目立たせる事ができます。

やはり、レコーダーがあると不利な状態で警察に通報されると、対生身の人間になるため、一気に車の威厳を借りる事ができなくなるため怖くなります。
そのため、他のターゲットに移行していきます。

しかし、ロードレイジそのものを減少させる事ができないため、個人の防衛策となります。

危険運転車の近くにいるとロードレイジが発生しやすい

心理状態の③が連鎖して周りの状況が悪くなる事によりロードレイジが発生しやすくなります。
僕が運転していて感じる名古屋の運転の雰囲気が当てはまります。

また、先ほど説明した心理状態とは違うのですが、周りがちょっとした違反をしているなら自分もいいじゃないかという考え方が発生しやすくなります。

名古屋は信号が赤になるギリギリでも猛スピードを出して交差点を突っ切る人が多く、まさに悪循環が発生しやすいです。

あ、あと、僕が今回の経験で学んだ事の一つなのですが、本当に危険なとき以外はクラクションを鳴らさない事です。逆上されやすい状態を作りにくいです。
危険運転をしている事を注意するためにクラクションを鳴らすと言う考え方もありますが、正常な考えを持った人には通用しますが、ロードレイジをする相手にはそもそも自分の事を悪く思ってない人が多いため、通用しません。

サングラスをする、高い車に乗る、そして丁寧な運転を心掛ける

車に乗り大きな存在となっていて、それでも自分より格上(ぽい)の存在を発見した場合には車の存在の効果がなくなるため、ターゲットになりにくくなります。

サングラスをしていて厳つく、煽ったら自分が報復されて負けそうと感じたり、ベンツやポルシェなど高級車が走っていたら、最初から戦意喪失状態になります。(高級車は難しい対策ですが・・パナメーラかカレラ911欲しい・・)
もうランボルギーニやフェラーリが走ってたら近づきたいとも思わないですよね(笑)
これは心理状態で言うところの①、②の対策ができます。

他にはチャラい人が犬や猫の小動物が好きだったり、むっちゃ優しい人だと、高感度が一気にアップしませんか?
同じように他のドライバーにイラッとされることがなくなるため③の対策ができます。

ロードレイジの被害に合ったらどう対処するべきか

ロードレイジを受けてしまった場合、また、相手に道をふさがれるなどして危険にさらされた場合どう対処するかです。

距離をとる、車線変更をする、道を変える

ロードレイジをしてくる相手も自分も車内にいる場合で、お互いが走行中の場合はなんとか距離をとるようにしてください。
中には速度を法定速度よりはるかに落としてきたり、急ブレーキをかけてくる場合があります。できれば車線変更して相手が割り込めない状態を作るなどをして、距離をとることで対策になります。
そうすれば、無理にターゲットにする事が出来なくなります。

執拗に追ってくる場合は上手くタイミングと周囲に注意して曲がったり他の進路への道へ入ってください。相手が見失えば中々追うことは難しくなってきます。

停められたらウインカーを焚く、車のドアをロックする、車外へ出ない

相手に道をふさがれた場合、絶対、喧嘩をしに行ってはいけません。(僕はしてしまいましたが・・出てきた相手が遠くから吼えてきていたので・・つい)
その後、執拗な場合は警察を車内で呼びましょう。搭乗者が怪我するよりはまだ車が破損する方がマシです。

車の前に立った人のほうが車内の人への暴力は行いやすいポジションになります。(パンチされやすいなど)それに喧嘩を始めてしまったら、警察を読んでいた場合の証言が複雑化しやすいです。

僕たちがロードレイジ加害者にならないようにする心構え

ロードレイジの被害に合わないようにしていても、自ら加害者としてロードレイジ行動をしていたのでは意味がありません。
ロードレイジ行動をすると相手も感化されて訳のわからないスピードバトルを行い始めたり、周囲に危険が及ぶ迷惑行為になりかねません。

安全運転を心掛ける

まずは自分がお手本となるような運転を心掛けてください。

人間には「引き寄せの法則」が発生します。そして、先ほどの対策でも述べた様に安全運転の車の周りは必然的に安全になります。

あなたはクリーンな人間でいてください。安全を常に心掛ける事で常に全うな考えを持った人間に成長できます。

自分は自分、他人は他人を意識する

もし周囲でロードレイジが発生しても、「助けに行くな」とは言いませんが、ロードレイジをしている人に自らロードレイジに加わる必要はありません。
冷静に周囲見渡して、そのときに必要な対策、「スルーする」・「遠くから警察を呼んであげる」など人間らしい素敵なジェントルマン・淑女で会ってください。

ストレスを発散できる趣味を持つ

ストレスがある状態で他人に当たっても得られるものなんて、1mmもありません。むしろ1光年ぐらい吹っ飛ばされるぐらいのしっぺ返しが帰ってきます。

ストレスがある人はカラオケにいくのもいいです。本当にストレスが発散されます。
ジムに行ったり、友達とテニスしたり、岩盤浴に行ってもいいです。
散歩しに行って、適当にそこらへんの草や空を写真に撮って下さい。カフェとかも入っちゃいましょう。

どこでも出来る趣味というのは考えればたくさん出てきます。
あなたの大切な人生でロードレイジ運転なんかでストレス発散するなんて詰まらない事は一切の成長に繋がらないし、ダサすぎます。

こぎーのまとめ

誰しもが安全運転を心がけ、車を運転しているのは同じ人間だという事を理解していれば決して起こる事はない社会問題です。

全員がそのような対応をするのは、まだまだ難しい事ですが一人ひとりが意識する事で減少させる方向へ向かわせる事が出来ます。

僕は車も好きだし、車を運転する事も大好きです。
こんなつまらないことで、変な規制が発生したりしても誰も得をしません。
せっかくなら気持ちいい状態で運転ができる素敵な国にしていきたいと感じませんか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事