こぎーのおすすめ
名古屋港の花火の撮影スポット・情報まとめ【海の日名古屋みなと・名港水上芸術・ISOGAI花火劇場】
スポンサーリンク

こんにちは! フォトブロガーのこぎー(InsutagramTwitter)です。

名古屋の花火といえば名古屋港の花火という人も多いと思います。

夏、秋、冬と花火が見ることができて、主催者が違うのでそれぞれ雰囲気の異なる花火を撮影することが出来ます。

今回は名古屋港の花火の情報とたくさんある撮影スポットを僕が実際に撮影してきて紹介をします。


年3回ある名古屋港の花火情報

名古屋市港区の名古屋港では毎年3回大きな花火が開催されます。

・海の日名古屋みなと祭花火大会
・名港水上芸術花火
・ISOGAI花火劇場in名古屋港

電車でもOK、車でも駐車場(有料)が多いのでとても気軽に行きやすい撮影花火です。

しかもそれぞれ演出や会場の雰囲気も異なるため、色々とアイデアや撮りたいシチュエーションを思考するのも楽しかったりします。

こぎー
ほぼ同じ場所から打ち上がるから、同じ場所で撮影をして違いを楽しんでもいいし、異なる場所を発掘しながら撮影をするのいい!

まずは3つの共通の情報のまとめです。

開催地域 名古屋市港区
撮影禁止エリア 周辺工場や埠頭などの立ち入り禁止看板のあるエリア
交通規制 国道154号(築地口駅~名古屋港駅)など

そして打ち上げ場所はガーデン埠頭前の水上から打ちあがります。

一部周辺は立ち入り禁止のエリア、有料チケット席もあるので注意が必要です。

海の日名古屋みなと祭花火大会


一番人の入りが多く、一番人気の夏の花火です。

毎年7月の海の日に開催され、他の花火大会よりも早い時期に開催されるため、比較的他の花火と被りにくいので嬉しい花火です。

単発で打ち上がる花火が多く、撮影していても連発もそこまで多くない感じがしました。

ガーデンふ頭(南極観測船ふじの近く)でも、演出の音楽を聴くことができ花火といっしょに楽しむことが出来ます。

日にち 海の日(毎年7月の第3月曜日)2020年は7月13日(月・祝)雨天決行・荒天中止
時間 19:30~20:20(50分)
打ち上げ花火数 約3,000発
最大打ち上げサイズ 1尺玉
公式サイト 海の日名古屋みなと祭り公式ホームページ

名港水上芸術花火

秋に開催されるため、気温もちょうど良く快適に見ることが出来ます。

花火というと空高く打ち上がるイメージですが、さらに名港水上芸術花火では低い位置で半円に花火が広がるよう設計された視覚的楽しむことが出来る花火です。

個人的な感想ですが、他の花火よりも連発で打ち上げられ、撮影時の形がとてもきれいな感じがします。

日にち 2019年10月12日(土)雨天決行、荒天の場合翌日に順延
時間 18:30~19:15(75分)
打ち上げ花火数 未公開
最大打ち上げサイズ 1尺玉
公式サイト 名港水上芸術花火公式ホームページ

ISOGAI花火劇場in名古屋港


愛知県の岡崎にある磯谷煙火店のみの花火が打ち上がる花火大会です。

真冬で空気が澄んでいるので、花火をきれいに写すことができます。

名古屋港周辺は普段よりも、イルミネーションが増えておりクリスマスツリーなど、クリスマスの時期にしかないイルミネーションなどもあります。

ガーデン埠頭周辺の柵もイルミネーションがされており、最前列で撮影するときは映りこみや白とびに注意しましょう。

海の近くはとても寒いのでモリモリ着込んで、ホッカイロに温かい飲み物で撮影に挑みましょう。

こぎー
風邪、引いてクリスマスに寝込むなんて、悲しすぎる!!
日にち 2019年12月21日(土)荒天・時化の場合翌日に順延 翌日も荒天の場合中止
時間 19:00~20:15(75分)
打ち上げ花火数 未公開
最大打ち上げサイズ 1尺玉
公式サイト ISOGAI花火劇場in名古屋港公式ホームページ
スポンサーリンク

名古屋港へのアクセス


名古屋港が一番目の前で見ることが出来る場所で、一番混雑する場所なのでアクセス情報と僕が行ったときの状況を紹介します。

先ほどもチラッと触れましたが、車でも公共交通機関どちらでもアクセスがいいです。

早めに場所取りしたい場合は少し混雑しますが、名古屋港水族館で撮影をしながら時間を過ごすのがおススメです。

自家用車での名古屋港へのアクセス

車の場合だと、ガーデンふ頭(西)駐車場の2か所がおススメです。

15時~16時ぐらいには満車になってしまいます。近場のパーキングも沢山ありますが、同様に埋まっていくため早めの行動をおススメします。

ガーデンふ頭駐車場 ガーデンふ頭西駐車場
住所 名古屋市港区港町1 名古屋市港区西倉町
収容台数 約700台 約500台
駐車料金 30分100円(入庫24時間1,000円)
営業時間 24時間営業 8:00~21:00
車高制限 2.10m
特徴 会場から少し遠いが24時間営業 会場目の前だけど21時まで営業

公共交通機関での名古屋港へのアクセス

公共交通機関の場合、名古屋地下鉄の名港線または名城線(金山・栄・大曽根方面)に乗って「名古屋港」か「築地口」で降りて徒歩で会場入りができます。

「名古屋港」だと名古屋港目の前、「築地口」だと名古屋港まで屋台を楽しみながら向かうことが出来ます。

名古屋港の花火の撮影スポット

定番のガーデン埠頭や対岸など数箇所スポットを紹介したいと思います。

名古屋は名古屋駅以外それほど高い場所がなく、遠くても少し高い所から名古屋港の花火を見ることができます。

なので名古屋駅の展望台からでも見えたりと、開拓し甲斐のある花火ではないかなぁとおもいます。

年に3回チャンスはあるので、気になる場所は恐れずチャレンジがおこないやすいです。

名古屋港 ガーデン埠頭(有料観覧席)

花火から一番近い場所になります。

ポートビルの横にあるガーデンふ頭臨港緑園の北側にある開けた場所が、有料観覧席になります。

花火開催予定日の数ヶ月前からチケットの抽選や販売が始まります。

駐車場からも近く、お手洗いなども多いため快適に過ごせるエリアです。

カメラ・三脚利用可能エリアが分かれている場合があるので、ルールを公式サイトで調べておきましょう。

僕は有料観覧席で撮影をしたことがないのですが、大きい花火を写すなら10mm(35mm換算)ぐらいないと厳しいと、人伝えですが聞いています。

背景に小さく名港トリトンや工場夜景(新日鐵)などを含めることができます。

名古屋港 ガーデン埠頭(JETTY前の広場)

名古屋港にある「南極観測船ふじ」と「ポートビル」を絡めて撮ることが出来る贅沢な撮影スポットです。

商業施設のJETTYが真後ろにあるため、飲食や休憩をするのにもうってつけです。

撮影スポットを調整して少しアングルを変えるだけで観測船ふじの方向が雰囲気が違う写真が取れるため、同じ場所に通う人も多いと思います。

そして観測船ふじや前景が暗くなりやすいので、暗くなる前に前景を撮影して、比較明合成することをおススメします。

こぎー
今載せている僕の写真のように前景に違和感が、、!

観測船ふじのイルミネーションやポートビルと周辺の景色の明暗差に注意が必要そう!

しかも長く露出しすぎると船が揺れて被写体ブレした写真になってしまいます。

少し大変ですが露出を変えたり、何枚か撮影しておきベストの写真やフォトショのマスクなどで処理しながら前景を作るときれいな花火写真になりそうです。

ですがアングルやカメラ・レンズの性能次第ではレタッチや構図でカバーできる可能性もあります。色々と試してみることをおススメします。

中川運河沿い


名古屋港から南側の中川運河沿いからも色々なアングルで撮影をすることが出来ます。

場所によりますが、シートレインランドの観覧車などとも絡めて撮影することができます。

僕の撮影した写真の場所は中川橋で開始の1時間に着いたときにはほぼ埋まっていました。

少し空いているエリアに入れてもらうことが出来ましたが、開始2時間以上前の場所取りをおススメします。

ですが橋の上からではなく中川運河沿いやいろは橋などのエリアまで撮影エリアは富んでいるため、アイデア次第では色々な撮影ができます。

ちなみに駐車所は周辺のコインパーキングか、地下鉄の「築地口」が最寄になります。

お手洗いはなく、周辺企業など立ち入り禁止エリアもあるので看板がある場合や柵を超えての撮影はおこなわないようにしましょう。

対岸の橋の上

名古屋港から2kmほど離れた対岸からも一部撮影をすることが出来ます。

潮見町と船見町にかかる小さな橋のみ撮影をすることが出来ます。

ここ自体もすっかり定番スポットで少し早めに場所取りする必要があります。

公道で人通りはほぼないですが、通行人の邪魔にならないように三脚を設置して撮影をおこないましょう。

スカイプロムナード

名古屋駅のミッドランドスクエアの展望台、スカイプロムナードからも見ることが出来ます。

入場料は750円で、望遠レンズで撮影をする感じになります。

もちろん花火の破裂音などは聞こえないので目視での撮影になります。

名古屋港シーランドの観覧車は一緒に写すことが出来ますが(花火は観覧車の左側で打ち上げ)、ただあまり名古屋港の花火を撮っている感じの写真を撮ることが出来ません。

名古屋港には間に合わないけど、名古屋駅なら間に合う人やあらゆるスポットで撮影をしてきた人におススメの場所です。

注意事項・立ち入り禁止情報など

名古屋港周辺は工業地帯だったり企業がたくさん入っています。

立ち入り禁止エリアも多いため、周辺にある注意看板や敷地内に入らないようにしましょう。

【撮影に不向き】名古屋港ワイルドガーデン ブルーボネット

名古屋港の対岸に当たる場所になります。

一見、すごい撮影に向いていそうな気がするのですが、全く撮影には向いていません。

目の前にフェリー乗り場があるため、場所によっては打ち上げ場所が隠れてしまいそうでした。

また夏の花火のみ抽選で当選(一人3,500円)しないとブルーボネットに入ることができません。

しかも花火前にブルーボネット内の観賞エリアでイベントがあり、柵よりも1m以上離れた位置しか場所取りできないため、柵越しの撮影になってしまいます。

ブルーボネット周辺の堤防は撮影禁止

さきほどブルーボネット横の橋を紹介しましたが、そこ以外は立ち入り禁止になっています。

しっかりと監視体制が出来ており、進入しようとすると注意されます。

18時ぐらいに場所取りしていた人が、注意され撤退し撮影できてなかった人もいます。

大人しく橋の上から撮影をおこないましょう。

【撮影、立ち入り禁止】バナナ埠頭

よくここで写真を撮っている人もいますが、立ち入り禁止エリアです。

過去には逮捕者(確か釣り人ですが)もいるみたいですよ。

余談ですが名古屋港周辺は立ち入り禁止エリアが多く、夜景撮影で人気の名港トリトンのリフレクションが撮れる潮見インター付近も過去に摘発があったりと立ち入り禁止なので、犯罪者以外は撮影しないようにしましょう。

こぎーのまとめ

名古屋の花火大会でも夏秋冬とかなり人気のある花火で、年に同じ場所で3回も花火を楽しめるなんて贅沢ですよね。

名古屋港で見れば迫力ある花火に屋台も満喫できますし、遠くでも名古屋市内ならアクセスがいい場所も多いです。

アイデア次第で色々なスポットで撮影が出来そうですし、それぞれの花火大会でも雰囲気や季節が異なるため、特徴を生かした撮影にチャレンジするのも楽しそうです。

僕もこれからも名古屋港の花火を撮影し続けたいです!

こぎー
会場でお会いできたら、その際はお話しましょう!

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事