こぎーのおすすめ
みんなが休む時も変わらず努力をする。その継続の差がいずれ成功に繋がる!
スポンサーリンク
こんにちは! こぎー(@koggy358)です。

2018年春の貴重な社畜たちの放牧期間、、ゴールデンウィークも今日で最終日です。

悔い無き時間を過ごすことが出来たでしょうか?

僕はいい休日を過ごせました。

遊びに行った日もありますが、基本は全ての日で出社日よりブログの作業や写真撮影、編集ができたのです。

ブログも写真も趣味みたいなものですが、僕にとっては夢を掴むのに大切なものでもあります。

そのためにはまとまった休日はチャンスの塊なのです。

みんなサボる時はチャンス

もう軌道に乗ってしまっている方は大丈夫なのですが、駆け出しでブログ(副業や起業)を始めた人達は計画的に休日を取るべきです。

独立や収益などに目標がある場合、休日をサボるよりも今は作業をしていち早く自由な時間や多い収益を作れるようにした方がいいのです。

この継続する姿勢は後伸ばしをしない様に心がける気持ちから生まれます

いずれ達成できるならと考えていると、いつでも出来ると勘違いして一生できません。

もし毎日1記事書けていた人が休日でサボって2日に1記事のペースになったら作業量は1/2倍です。

がんばって毎日2記事書ければ、作業量は2倍です。

両者を比較すると単純に4倍の作業量の差がでてきます。

もし休日と平日と同じ量しか作業ができなくてもサボるよりは2倍の作業量になりますよね。

本当は他人と比較するべきではないのですが、サボっている人と比較すると圧倒的な作業差があって目に見えた結果を出しやすいです。

休日は簡単に成功体験がしやすくなり、チャンスが多くなります。

もし去年の自分と比較ができるのなら、成長を感じれるかもしれません。

余力があるのにボケーっとしているなんて勿体無いです。

スポンサーリンク

当たり前に落とし込むために継続する

休日の努力は作業量の差以外にも利点があります。

いつもの作業が当たり前となり苦痛でなくなるのです。

毎日、最低限の努力を継続していれば、いずれ努力ではなくなり日常になります

ランニングでもよく「走らない日はムズムズする」という人がいますよね。

最初は外に出るのも億劫かもしれません。それが外に出て走り出すことを続ければ当たり前となり努力が不要となります。

結果を出している人達は、休日だろうと息をするレベルで行動を起せます。

本人たちはすでに当たり前なので、もっと他の事柄に注力が出来ます。

こぎーのまとめ

「継続は力なり」という言葉がありますが、休日も普段どおりに淡々と作業をすることで2つの利点があります。

・周囲が勝手にサボるので差がつく・成功体験が増える

・作業を当たり前にして努力が不要になる

いつも通りに作業をするだけで、有意義な休日に出来ます。

少しの努力をさらにすることでもっと、差がでてきます。

休日の使い方をちょっと意識して過ごしてましょう!

一日の終わりに「いい日だった」って思うことが出来ます。

ちなみに休日に努力を怠るとこんな感じになります。

僕の知り合いのお話です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事