こぎーのおすすめ
HDDの内部
スポンサーリンク

こんにちは! 間違えてHDDをフォーマットした、こぎー(@koggy358)です。

僕は最近、暑いせいか頭もオーバーヒートしてしまったようです。

今まで撮り貯めていた写真を全て、、大切に保管していたHDD(ハードディスク)をフォーマットしてしまいました。

HDDのフォーマットは一瞬で終わり、キャンセルする余地もくれない戦慄の瞬間でした。

なんとかファイルの復元はできたのですが、、

元の状態ではなく、フォルダ構成は復元できず数百万のファイル(数百ギガの容量)が一緒くたにまとまった状態でした。

最初は絶望していたのですが今年分だけはなんとか、PCの検索機能とLightLoomのカタログ構成を見ながらフォルダ分けの作業をして復旧はできました。

以前のファイルは、とりあえずどの様に復元していくかは今、思案中といった状態です。

そこで今回、僕が経験したことを赤裸々に発信して反面教師になれたらいいなと思います。

ああ、あんな経験だけはもうしたくない、ガクガクブルブル、、

心臓が止まるかと思った、
大量の写真が入ったHDDを誤ってフォーマットしてしまった経緯

使用しているSDカードをPC上でフォーマットしようとしたときでした。

ウォーーー!ポチっとな!フォーマットォォォ。ジャスティース!イエェーーーーイ!!

あれ?

こぎー
あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ! 普段使っているSDカードをフォーマットしたら約500GBもフォーマットされたと表示がでたんだ………!!! な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった……… 恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ……

気が付いたらSDカードじゃなくて、写真を保存してあるドライブを綺麗さっぱり、スッカラカンにしていました。

本当に数秒ほど何が起きたか、分からないプチパニック状態でした。

そして冷や汗がたくさんでるという経験を久しぶりにしましたとさ。

チャンチャン。

バックアップの大切さ

僕、丁度このドライブのバックアップをしていなかったのですよ。

というのも去年、バックアップに使っていた外付けのHDDの電源部が壊れてしまい、そこからバックアップを取るということをしていませんでした。

一応、アマゾンのプライムフォトでクラウドのバックアップはしてあるのですが、復元は超メンドクサソウ、、

まぁPCが壊れても最悪、HDDさえ生きていれば取り出すことも出来るし、外付けHDDも分解してHDDも玄人志向や裸族のケースを買えば復旧できると高をくくっていました。

そのまま半年以上、放置。

そんなときに限って、僕はやってしまいました。

うん。自業自得なのは分かっているのです。でもやりきれないことってありますよね?よね?

とりあえず、すぐにアマゾンで外付けHDDをポチっとしました。

ズビューん!ポチっ!アァーーマゾン!お急ぎ便イエェェーーーイ!!

最低限、外付けHDDを一つ買い月に一回でも大丈夫なのでバックアップすることが重要です。

全てのバックアップ先が一気に壊れる確率は低いので、バックアップを含めて2箇所あればかなりの高確率でデータの消失を防ぐことが出来ます

バックアップなし、ダメ!絶対!

スポンサーリンク

HDDの復旧はどうするか?

冒頭でも話したので重複しますが、今年分は復旧は終えました。

そのデータだけでも100GB以上あって骨の折れる作業だったのですね。

僕は比較的最近までJPEGの撮ってだしでRAWデータは保存していません。

なので500GBの容量のうち約400GB程度はJPEGで、枚数が膨大で復旧のモチベーションが上がらないのです。

過去分のRAW現像をする訳ではないので、まだ復旧を急ぐつもりはないのですが、今までの思い出などを見返せないと思うと、ちょっとナーバスになります。

とまぁ僕の話は置いておいて、復旧の作業は業者に頼むと数万円かかるそうです。

そんなのイヤなので、僕は自分でフリーソフトを探してきて復旧を行いました。

タダの代わりに完全に復旧することができないという代償がありましたが。

一応、僕が使用したソフトは『Recuva』というフリーソフトです。

そして復旧したいドライブとは別のHDDに保存をしました。←これ重要(復旧したいHDDのデータ書き換えを防ぐためです)

安心できる写真のバックアップ

とりあえずバックアップ用に新しいHDDを購入したので、当面は安心なのですが、、

それだけでは安心したバックアップ環境でないと思うのですよ。

今後、HDD同士の自動バックアップが出来るソフトとか導入は重要だと思います。

そして外付けのHDDなどにバックアップがしっかり出来ていたとしても、持ち運ぶ時に手を滑らして落としてしまうような、物理的な破損要因もあります。

まさに僕が以前、使用していた外付けHDDの故障理由は経年劣化でした。

それにウイルスとかでファイルが消されてしまうような被害に合う場合もあります。

レイド(複数のHDDに同じデータを保存する仕組み)を組むにしても、中々に資金の問題で厳しいと思います。

さらに極端な話をすると、火事や地震などの被害に合ってPCごと全てが破損してしまう可能性もあります。

そう考えると、完璧なシステムってないような気がしてきました

ですが、しないよりは遥かにマシでもあります

少なくとも一つはバックアップを取ることは必須と考えておきましょう。

自分の出来る範囲でリスクを減らせるようにしておき、バックアップシステムを組んで備えておくことが大切です。

こぎーのまとめ

僕の経験からバックアップの大切さは分かっていただけたでしょうか?

本当の本当に、焦ります。

僕自体がまだ完璧なバックアップシステムや復旧の手段にたどり着いていなくて、曖昧な記事になってしまいましたが、言えることは複数の予備があるといざって時に役に立つということです。

思い出の写真や納得がいく写真が一瞬で消えてしまうのは、やりきれないを通り越して、絶望を感じます。

たった一つ外付けHDDを買っておくだけで、十分防ぐことは出来ます。

今なら3,4TBの外付けHDDは約一万円で購入することが出来ます

写真が消えるよりも遥かに、価値はあるはずです。

バックアップを取っているか、いないかの違いだけで天と地の差があります。

もしバックアップをしていないのなら、家電量販店へダッシュするか、アマゾンでポチっとしてしまいましょう

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事