こぎーのおすすめ
Rock you こぎー!

こんにちは! こぎー(@koggy358)です。

「さて、今日は何をブログに書こう・・」

キーボードを打つ手が全然進まない。

たくさんそんな日もありますよね~

僕もまさに今、そんな気分です(笑)

そんな時にやってみるとよい事を3つのステップで書いていきます。

①今、ブログを書く事を諦めても準備を諦めない

まずはまだ自分に今、ブログが書く力があるかを考えてください。

もし力が無いのならその時はすっぱりと今はブログを書く事を諦めてしまう選択も重要だと思います。

もしやる気がまだあるのなら、②のステップへ!

他の方のブログを読んでみたり、自分のブログを読み返したり、リライトしながら修正したり。

とにかく動いてみる。今できる事をやってみる。少しでもプラスになる事をする。

そのような気持ちで作業するとモチベーションを保つ事ができます。

他の方のブログを読む事でやる気が出たり、アイディアが浮ぶ

有名なブロガーさんのブログやお気に入りのブログは、僕たちブロガーにとって教科書同然です。

そして、目標とするブログも大体の人はありますよね。

そのブログがどのような表現方法をしているか?自分の個性を残したままこのブログの様にになるにはどうしたらいいかを考えながら読んでみる。

接続詞の使い方、文章の入り方、違う切り口の記事の書き方・・

読んでいて、同じような経験をしてるけど、ちょっと内容が違うし「他の切り口で書けるな」と思えれば、その事を参考に記事を書いてみるのも手です。

その代わり、内容を丸々真似したりするのは、書いた方も書かれた方もSEOや気持ち的にも損しかしないlose-loseの関係になってしまうので注意してください。

自分のブログを隅々まで読み返してみる

改めて自分のブログの古い記事を読み返してみると、分かりづらい表現や誤字や脱字を直す事ができたり、追記や内部リンクできる内容が増えている可能性があります。

特に始めたばかりの頃の記事は、人によっては見るに堪えない!って思えるぐらい成長していて直す場所が目に付くものです。

タイトルも集客を意識出来ていなかったり、言葉が古くなっていたり(他の言い回しが流行っていたらラッキー)するのを修正する事でアクセスがアップさせることも出来ます。

そして、昔は書いていたジャンルの内容だけど、最近は全然書いていない場合は読み返す事で新しい記事を書くためのトリガーにする事も出来ます。

どうしても体調が優れないときは休養を取る

目がぼやけていたり、眠気が強いなら、パソコンや携帯は遠ざけてる。

疲れていたら気持ちをスパッと入れ替えて休息や睡眠をとって、疲れを取る事に徹する事です。

誤字脱字だらけの記事や内容が支離滅裂な記事になってしまっては、それこそ時間の無駄です。

そして、何かの本で読んだのですが・・疲労がたまった状態だとマイナス思考になるそうです。

そうなると、いい文章は浮かんできません。

せっかく、人に役の立つ事を書くならポジティブな思考で全力で伝えたい事を執筆するべきです。

そのため、次の戦略を立てることも必要です。

スポンサーリンク

②とりあえず、10分でコーヒー淹れて、残りを瞑想する

まだまだ、「ブログ書くのがんばるぞー!」なパワーのある人は、エネルギーを満タンにチャージしましょう!

エナジーチャージをするとしてもそのまま1時間ほどダラダラしていると結局、そのまま何もせずに終わってしまう可能性が高いです。

そのようにならないためにはまず10分の休憩と決めます。

そして、10分間に自分の一番、気持ちが楽になる事をおこまいます。

・自分をプッシュしてくれる歌やフィーリング効果のある音楽を聴く。

・目をつむりゆっくり深呼吸をしながらボケーっとしてみて瞑想をする。

・伸びをしたり椅子から立って軽くストレッチをして体の血流を良くする。

・コーヒーを飲んだりチョコレートなどの糖分を摂取して体に栄養を入れる。

など、自分が落ち着く事を見つけて効果的な10分を過ごしましょう。

③記事が執筆出来ない時の気持ちを生かした記事を書いてみる

さて、それでは記事を書いていきましょう。

ここまででブログの内容が思いついてしまったのなら、おめでとうございます!

ネタを忘れる前に記事を書き始めてしまいましょう!

ぶっちゃけこの記事を読み書けでもかまいません。

閉じちゃってもいいです!

あ、やっぱり後で・・・ せめてブックマークでもして後で最後まで読んでいってくれると嬉しいです。

とりあえず、手を動かしましょう。

そして、「ん~まだ、おもいつかないなぁ~」って人は逆転の発想です。

書けない事を記事にしてしまいましょう。

記事をかけないなら、その時に思った気持ちを記事の題材にするのです。

・記事が書けないから、有効なリフレッシュ方法を紹介する。

・記事が書けないから、その時聞いているおススメの音楽のレビューを書いてみる。

・記事が書けないから、ついついそそられる間食の作り方を紹介する。

などなど、そのときの気持ちをとりあえずエディタにツラツラと書いていきます。

そうすればアウトラインや文章ができていて気が付けば記事になっています。

こぎーのまとめ

記事の内容って、自分にとっては当たり前の事でも他の人にとっては当たり前ではない事も多いです。

記事が書けないときでも、その時に行っている動作を元に記事をまとめてみると案外、一記事かけています。

その積み重ねがアウトプットを増やして、自分以外の人にも有用な価値を提供して、自分の人生を豊かにする事ができます。

では、僕は記事を書き終えたので、この後はゆっくりと休養を取って次への記事へのステップにしたいと思います。

ではまた! あ、良かったら他の記事も読んでみてください。

記事を書くひらめきの手伝いになれたらいいなーって思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう