こぎーのおすすめ
スポンサーリンク

こんにちは! こぎー(@koggy358)です。

なにか難しそうなひびきの「資産運用」。

ぶっちゃけ僕も勉強するまでは全然わからなかったです。

仮想通貨や株、FXみたいな失敗したらお金がなくなっちゃうかもしれないものと勝手に想像してました。

でも、比較的安全な方法もあり実はそんなに難しいものでもなく、堅実にお金を増やしていく事ができるのです。

もちろん仮想通貨などみたいにハイリスクでしっかりと戦略を立てないとギャンブルになってしまうものも存在しますが、ある程度勉強をする事で着実に手持ち金を増加していけます。

それにお金もたくさんないとできないものかといえばそういうわけではありません。

難しいと考えると、何もできなくなってしまいます。

なのでひとまずは、どんなものなのか少しづつ理解をしていきましょう!

では、まずは正体を掴むところから始めていきましょう。

スポンサーリンク

「資産運用」とは

意味はとても簡単で、

手元に準備した「資産」を「運用」して増やしていく事です。

元々、増やすために準備しておいたお金に対して、適切な増やし方を選択して計画的に収益を上げていく方法です。

そして、最終的には収益がプラスになるように管理をしていく事でもあります。

例えば10万円の資産を投資するとします。それを年間で利回り10%で運用すると一年間で11万円になります。

年間の利益 = 「投資する資産」×「利回り率÷ 100」

で計算することができます。

上の例だと

年間の利益1万円 = 10万 × 10%(10÷100=0.1) = 1万円

となります。

結構、身近!資産運用

もうほとんどの人が知らずに運用をしてます。

銀行に口座を持ってますか?
こんな事聞いたら、むっちゃ怪しまれそうですが(笑)。

って、社会人なら持ってますよね。
たくさんの現金を自分で管理するのは怖すぎますし。

銀行に預けているお金は利息がつきますよね?

銀行側から考えると僕らからお金を”借りている”ので、借りている間は利子が発生します。

ですが、銀行はその借りているお金で企業などに融資(貸し出し)をしてさらに利益をだして、僕らに利子分の支払いをしています。

この銀行のしくみの一環の中で、僕らが預けたお金は利息がついて、ほんの少しずつ増えていきます。

あの気がついたら、通帳に書き出してある利息がもう資産運用になっています。

銀行だと全くといっていいほど、お金が増えてきませんが、お金が増えていく倍率と効率を考えていくことで現実的な運用をする事ができます。

スポンサーリンク

こぎーのまとめ

どうでしょうか?「資産運用」が割と身近にあって、銀行の利息のようなものと考えれば安心して行う事ができると感じませんか?

今回はまずは基本的な「資産運用」の意味を紹介しました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事