スポンサーリンク

こんにちは! こぎー(@koggy358)です。

いきなりGoogle Search Consoleからエラーのメールがきてビビッてしまいました。

ぐーぐ○
AMPページがエラーっす。

レポートページから確認して直すっぺ。

※あくまでイメージです。

あんまりスクリーンショットは載せない方がよさ気なので勘弁してやってください。おっと、何か視線を感じるような、、
(googleアナリティクスはNGなので一応、今後、変更される可能性も考えて)

とまぁガタガタ震えていたのですが、無事に原因の究明と解決方法を見つけれました。

スポンサーリンク

原因はメタディスクリプションの中に半角で「”」を使っていたこと

メールに「問題を修正」というリンクがあり、Google Search Consoleへ飛べぶことができます。

そちらで、さらに具体的なエラー内容を見ることができました。

ぐー○る
許可されていない属性が HTML タグ「meta name= and content=」にあるっぺ。

※あくまでイメージです。

これで「meta name」の中にエラーがあることが分かりました
ちなみに「meta name」とはHTML文章の記事の説明文(メタディスクリプション)や著作者の情報が書き込まれている部分です。

補足
メタディスクリプションの文章はタイトルやURLの下にある説明文です。
メタディスクリプションの説明
※今は「インスタ栄え」の部分は「インスタ映え」に修正してあります。

エラーが起きていた記事のHTML文章もGoogle Search Consoleで見ることが出来たので、コードを確認してみると、、

どうもメタディスクリプションの部分がおかしい!!

<meta name="description" content="文章の“←半角→”の表記部分あやしすぎ">

「“文章~”」の部分の引用符(コーテーションマーク)の「“←半角→”」に注目してください。

この引用符がHTMLのコードの構造にエラーをきたしていますよね。

引用符の構造が本来なら「“ABC”」が正しいのですが、「“A“B”C”」の様になってしまっています

そして半角の引用符を全角に変更する事でエラーを修正することが出来ました。

プラグイン「ALL in One SEO」が入っていると楽にメタスクリプトを書きなおせる

ここからの内容は僕の反省も半分ほどはいっているのですが、反面教師として役に立ったら素敵ですよね☆

僕が今使っているWordPressのテーマが「Diver」なのですが、元々エディターのサイドメニューでメタディスクリプションを編集できる優秀なテーマなのです。

でも「Diver」がある日のアップデートからサイドメニューでの編集ができなくなっていました。

気になっていたのですが、僕は後回しにして何もしていませんでした。

こぎー
優先度は低いし、後で直そう。
今はたくさん記事も書きたいし!!

そんな状態でGoogle Search Consoleが新しくなり、、エラーを無事発見し僕はお叱りを受けることになったのです。

メタディスクリプションを修正する方法を探してみるとプラグインの「ALL in One SEO」がよさげです。

早速、導入して、、

設定をするとあっさりと修正が完了してしまいました。

「ALL in One SEO」は基本的にどのブログなどを見ても、最初にまず導入するべきって書いてありますよね。。

僕は「Diver」はSEO設定不要という文章を勘違いして、導入していなかったのです(笑)えっへん。

スポンサーリンク

こぎーのまとめ

なんとか無事に直すことが出来てよかったです。

僕が今回の件で学んだことは3つあります。

①メタディスクリプションはしっかり設定すること
②半角記号、特に引用符などは全角の方が安全
③気になったことは放置しない

特に②は他のエラーの予防にもなるので意識をしていきましょう。

そして今、僕は、、

ぐ○ぐる
「インデックス カバレッジ」の問題を新たに検出したっぺ。

送信された URL に noindex タグが追加されてるんだっぺ。

※あくまでイメージです。

にゅーGoogle Search Consoleのエラー対応に頭を悩ましているんだっぺ!

スポンサーリンク
おすすめの記事